本当は危険がない出会い系サイト

 危険なサイトが出会い系サイトの中にあるということは理解している人も多いと思います。安全なサイトもあるのですが危険なサイトのために出会い系サイト全体の印象が悪いものになっているのです。全てのサイトが危険だということを思う人もいる訳です。
 確かに全体的な出会い系サイトという見方をすると悪質サイトの存在が出会い系サイトを危険であると思わせるのも仕方ないことでしょう。利用する場合は悪質サイトを回避しなくてはいけないわけですから、危険があることには違いはないのです。
しかし、安全なサイトを利用することが出来れば、当たり前ですが危険はないのです。
 そして、危険な悪質サイトは、出会い系サイトということになっていますが出会えないことが多いサイトです。出会うためのサイトではなく騙すことが目的のサイトですからね。
ですから、厳密に言えば出会い系サイトと考えることに間違いがあるわけです。
 ということは、本当の出会い系サイトは危険ではないということが言えるのです。問題はその本物を見つけることが出来るかということです。それを見極めることが出来たのであれば、出会い系サイトを安心して利用することが出来ます。
出会い系サイトとは本来は危険などないサイトなのですからね。

援助交際

援助交際というとアンダーグラウンドなサイトや、隠語などを駆使してメールなどで
行われているイメージがあります。しかし普通の出会いサイトでも行われているのです。
当然金銭のやり取りでセックスをするのは違法ですから、ストレートにはいいませんが
とくに女性が相手を誘う場合間接的に、ああ、お金がほしいんだなと思わせる一言が
入っている場合があるのです。いろいろな年齢層がいるでしょうが、女性の既婚者などは
出会い系によく出入りしていますからそういう人が多いでしょう。
メールなどをするようになっても、隠語というか間接的にお金を要求することを
いってきます。おそらく援助交際の目がないと女性側が考えれば会える可能性も低いでしょうし
あってもなにも出来ないということもあるでしょう。逆ですと援助交際ということになるのでしょうね。
援助交際といってもお金だけでなく何かを買ってもらうとか、そういったことを要求してくる人もいます。
いろいろなやり方で実質売春といったことをするのです。男性側も皆がみんな援助交際までは
したくはないと思っている人が多いでしょうから、そういう人たちにとってみれば出会い系は
問題があるということになりますね。まぁ、逆に援助交際目当てということもあるでしょうが
そういう人は当然援助交際が違法であることは知っているでしょうから
リスクは覚悟の上ということになるのでしょうか。なんにしろ援助交際は直接的に
募集しているものだけではないということです。形を変えて分かる人しか分からないようにしているのです。