脱毛と聞くとついつい痛い!というイメージを持っていると思います。
医療脱毛やエステ脱毛などの種類がありますが、痛みの違いなどはあるものなのでしょうか?
痛みが苦手な女性にとってはなかなか過酷なものとも思ってしまうかもしれませんが、どのような痛みなのか調べてみましょう。

ムダ毛の自己処理の痛みとは?

女性は人生に一度はムダ毛の自己処理をした事があるのではないでしょうか?
特に、ワキや、指、顔など自分で出来る部位であれば挑戦はした事があると思います。
そこで使われるのが、カミソリや毛抜きだと思いますが、やっぱり毛抜きは痛いものですよね。
毛を抜く!という行為になるので痛みは出るものです。
しかし、毛抜きを使う場合でも痛みが大きく感じる部位や少なく感じる部位があると思います。
それは、毛の太さであったり、皮膚の薄さなどで痛みが変わってきます。
では、医療脱毛やエステ脱毛の時の痛みはどのようなものなのでしょうか?

医療脱毛とエステ脱毛の痛みについて

医療脱毛やエステ脱毛では、レーザー脱毛、光脱毛を取り入れており、それ専用の脱毛マシーンがあります。
これは、脱毛専用で作られたものなので、激痛はないと言われています。
しかしこれも部位によって、痛みが大きく感じる事もあり、その痛みにも個人差があると言われています。

また、毛が太い部位などはチクっとした痛みがあったり、毛が細い部分では施術中には寝てしまう程痛みが感じないという事もあります。

これもまた個人差があるので、すべての人が同じ痛みを同じ位感じるという事はないようです。
もちろん痛みがどうしても気になる!という人は麻酔を使っての施術も可能な所もあるので、各自で問い合わせる事をおすすめします。

だいたいが耐えられる痛み

脱毛に通っている女性はとても多く、痛いから通えない!という女性はあまりいないようです。
なので、だいたいの女性は全身脱毛で痛みには耐えられる程度のものだと思っていいと思います。